Skip to content

探偵や興信所に相談

Posted in 未分類

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、たとえば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間あっ立として3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功としてあつかわれてしまいます。実際に浮気があっ立としても、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明白な証拠をつかむことなく、調査は完了し、成功報酬を請求されるのです。

法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から肉体関係を持つことを不倫とよびます。

すなわち、法律上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵して貰うこともできます。
飲食店などの領収証のけい載には飲食時の同席者の人数が推測できてしまうように印字されている事がありますので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。
さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに点検するようにします。
出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊し立と推測される場合があるでしょう。
車の目たたない場所にGPS端末を取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、現在地を掌握したり、記録したデータを後から取り出して行動の様子を分析したりします。
車より、公共交通機関などを利用する人には、普段、もち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

これで、相手がどこに立ち寄ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

立ち寄る場所がわかる機械(便利な反面、人間の雇用機会を奪ってしまっているという見方もできるかもしれません)を利用して、頻繁に行く場所を調査して、見張っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、現場を押さえられると考えられます。

あまり予算が無い場合には、GPSで調べるだけでも、やってみて損はないと思われます。位置がわかる機械(便利な反面、人間の雇用機会を奪ってしまっているという見方もできるかもしれません)が仕込まれていることが知られてしまう事があります。
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、どのような調査がおこなわれるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいで行なうと言われています。

ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、調査員が1人で浮気をしているかの確認を大体の場合は行います。
浮気が確実なものとなったなら、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにした方がいいでしょう。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談した方がいいでしょう。

不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談するようにしてちょうだい。

女性の場合、近所に住む奥さんやユウジンに相談してしまう人もおもったより多いですが、噂のタネになりたくないなら、絶対にしてはいけません。
自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても結婚生活を解消したくないのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。
浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。